クリーニング代を節約するには服選びから

クリーニング代のコスト削減は、じつは服選びの段階から始まっています。 服を買う前に、服の裏に付いている洗濯ラベルを確認することが重要です。ドライクリーニングの表示が付いているものは、原則的にクリーニング店に依頼することが必要です。

おウチでの手洗い・洗濯機洗いが可能なものであれば、クリーニング代を倹約することができます。ただし、ドライクリーニングしかできないという表示の物でも、自宅で洗えるものもあります。 材質や形状にも注意洗濯をクリーニング店に任せる場合、カシミヤ・シルクなどの高級素材や、仕上げに手間のかかる綿・麻製品は、クリーニング代が割高になるになる可能性があります。また、ヒダの入ったスカートやフリルの付いたトップス、ビーズ飾りの付帯された服が高い値段になるクリーニング店もあります。 お世話になっているクリーニング店の価格帯を見定めて、できることならお金がかからない服を選出すると良いでしょう。簡単なデザインの服や、ポリエステル資材などのシワになりにくい服ならば、おうち洗いのあとの仕上げも手間なしです。
クリーニングに出すにはかさばる衣服も自宅で簡単に出せる宅配クリーニングが便利です。特にリナビスはコスパが高くて人気があります。