オメガ3の脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸で必須脂肪酸になります。不飽和脂肪酸は魚や植物の油脂で、
人よりも体温が低いため血液の中にきれいに溶けてサラサラにしてくれます。
しかし私達の体内で合成できないため、食事やサプリから摂取する必須脂肪酸になります。

もう一つの飽和脂肪酸は動物の油脂で人より体温が高いため、血液の中で固まりやすく
ドロドロの原因になります。私達の体内で合成するため必須脂肪酸ではありません。

オメガ3脂肪酸は人体の一つ一つの細胞の細胞膜にかかせないため、健康維持に不可欠な成分です。
その優れた働きを3つに分けて説明します。

血管、血液を改善する効果
オメガ3脂肪酸の中には、DHAとEPA、α-リノレン酸の3つがあります。
α-リノレン酸は体内でDHAやEPAに変換します。
主に血管を丈夫にしてサラサラにする効果はEPAの方ですが、相乗効果が
あるのでDHAと同時にとることが大切です。

DHAとEPAは赤血球を柔らかくして、血中のコレステロールや
中性脂肪を下げる効果があります。

そのため身体の隅々の毛細血管まで血液を行き届かせるため、
動脈硬化、高血圧の予防にかかせません。DHAは毛細血管
そのものの柔軟性を高めて、EPAが血液粘度を改善して
血管の内壁のかたまりを溶かして血栓をできにくくします。

こういった血中の脂質バランスが整うことで健全な状態になり、
スムーズな血流が心臓の負担を軽減し心血管疾患の原因を防ぎます。

悪玉コレステロールや中性脂肪が減少して血液サラサラ効果で、全身に
栄養と酸素がいきわたり代謝を促進します。その上脂肪の燃焼を高めるため
ダイエット効果も期待できます。

病気だけでなくダイエットにも汚れた血液や血流停滞で、やせにくい体質をつくってしまいます。
血液が若返ることにより、肌のくすみ、肌荒れ、シワなど美肌効果も期待できます。”

生活習慣病を予防する効果
生活習慣病には、日常から体内に摂取している脂質が大きく影響します。
飽和脂肪酸の肉食は悪玉コレステロールを増やす原因になり、動脈硬化をおこします。

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸で、オレイン酸が代表的なオメガ9系やリノール酸の
オメガ6系も良質の脂肪酸です。

かつて注目されていたリノール酸のオメガ6系は、現代の食生活で過剰摂取により
アレルギーの原因、善玉コレステロールの低下になるといわれています。本来理想
の黄金比は1:4ですが1:10以上のためオメガ3系を増やす必要があります。

オメガ3脂肪酸にはガンの抑制効果があります。とくにEPAから作られる
抗炎症物質がガン細胞の生成を抑える働きがあります。また抗ガン剤、
放射線で傷ついた組織の炎症を軽減します。

女性特有のガンの発生に、女性ホルモンの影響が明らかになっています。
その女性ホルモンの分泌に、脂肪酸がかかわっています。

脂質の多い肉食で血中コレステロールがふえて肝臓、副腎に送られ
ステロイドホルモンにかわる時、女性ホルモンもつくります。

女性ホルモンの分泌過剰が、乳ガンや子宮ガンをおこしやすくなります。
とくに乳ガンはオメガ3系のα-リノレン酸濃度が高いほどリスクが低くなります。”

脳や神経に対する効果
DHA、EPAどちらも必要不可欠ですが、脳にはDHAが効果を発揮します。
DHAは、脳神経細胞に入っていける数少ない物質の一つです。

脳にある血液脳関門を通過して、脳神経細胞を活性化させます。神経細胞の
ニューロンが柔軟になり神経伝達物質が活性化されて、記憶や学習能力が高まります。

脳の発達に優れているため、オメガ3脂肪酸は母乳や粉ミルクにも含まれています。

認知症には血管が原因でおこる脳血管性痴呆タイプと脳内の海馬、
側頭葉の萎縮で発症するアルツハイマー病があります。

DHAがアルツハイマー病に、EPAが脳血管性痴呆症に効果があります。

DHAの神経伝達物質のセロトニンの利用効率を高める作用が、うつ病など
精神疾患の改善に効果があります。うつ病は医療機関の処方でも、
セロトニンに作用する成分が含まれています。DHAは薬と違って副作用
なく改善することができます。

魚の消費量の多い国ほど、うつ病が少ないというデータからみても証明されています。

また眼球の網膜に含まれる脂肪酸の約50%はDHAです。網膜や視神経の
正常な働きにもかかせない成分です。

EPAも血流促進で眼精疲労の改善サポートをしています。

以上のように健康にオメガ3脂肪酸が必要ですが、
加えて自宅で友人達を招いて地中海料理を堪能
することも健康には欠かせないです。

自宅で楽しい時間を友人達や家族と過ごすならば、これです!
↓            ↓            ↓
パンDEパエリア