洗顔方法を変えてみたら、くすみがなくなった

以前は顔なんて適当な洗顔石鹸を手で適当に泡立てて、顔の汚れが落ちれば良いやなんて軽く思っていました。
でも、年齢を重ねていくことに、肌のくすみが気になり、まずは、洗顔方法から徹底的に改善してみようと思いました。
洗顔する水の温度なんて全然気にしていなかったのですが、熱すぎると必要な油分までとれてしまいカサカサに、冷たすぎると肌がキシんでしまい、調度良い温度がぬるま湯くらいで熱すぎず冷たすぎず夏も冬もこの温度で洗っています。
まずは、化粧をしていても、していなくてもマッサージ作用あるクレンジングクリームで入念にクルクルと円を描くようにクレンジングしていきます。
この時のコツとしてはできるだけ肌を持ち上げるようにして重力に逆らってクレンジングで優しくマッサージしていくことです。
1回お湯でクリームを流した後、馬油成分入りの石鹸で毛穴の奥の汚れまで優しく落とします。
ミカンのネットのような泡立てネットを使い、モコモコの泡を事前につくって肌をこすらないように優しくモコモコの泡の上からクルクルと毛穴の汚れを巻き取るように洗っていきます。
しっかりと洗えたらぬるま湯でしっかりと泡を流し、タオルでごしごし拭き取るのではなくポンポンと優しくタオルドライして、乾き切らないうちに化粧水などのケアをします。
これだけでかなり肌のくすみがなくなり顔色トーンが明るくなりました。
マイクロニードルパッチ 比較